地域貢献エピソード

生活に関する相談と支援

  • 家族と別れ、困窮状態となった少年への就労・生活支援

    森山晃一さん(仮名、10代後半)は幼少時に父親を亡くし、母親と兄弟3人の母子家庭で育った。母親は精神疾患のため就労が難しく、生活保護を受給して暮らしていた。不登校の兄弟や高校を中退した兄、数回にわた...

  • DV被害にあった母子家庭への支援

    小川洋子さん(仮名、30歳代)は、子ども2人と夫との4人暮らしだが、結婚当初から夫からの言葉の暴力に悩まされていた。景気もよくないためか、夫の仕事が順調ではないことも重なって、子どもが生まれてからの...

  • 生活困窮した精神疾患の父とその家族へのワンストップ相談

    中学生の高橋洋一さん(仮名、10歳代)。小学生のときに母が失踪して以来、父と姉と兄の4人で生活してきた。父は運送業をしていて、家にいないことも多かった。親戚付き合いもなく、頼れる人もほとんどいなかっ...

  • 家を追い出されそうになった知的障がい者への地域での支援の輪

    秋田登さん(30歳代)は、両親と3人で暮らしていたが、約10年前に両親が他界。親が残してくれた家で、月に8万円程度のアルバイト収入と親の遺産(貯金)で生活を続けてきた。秋田さんは金銭管理や身の回りの片...

  • 女性の貧困 就労自立への道

    渡辺裕子さん(50歳代)は十数年前に離婚後、マンションで一人暮らしをしていたが、近隣住民とのトラブルから精神的負担も大きく、数か月前に現在の一戸建て住宅へ引越してきた。精神的負担から体調が悪化し、2年...

  • 息子世帯から虐待を受けた高齢世帯への転居支援

    前田久雄さん(70歳代)は定年後、アルバイトをしながら、妻と二人で生活をしていた。収入は月に20万円の年金とアルバイト代で、贅沢をしなければ十分に暮らしていける額であった。妻も、内職をしていたので、不...

  • ゴミに囲まれて暮らしていた精神障がい者への支援

    坂本正造さん(70歳代)はアパートで一人暮らし。20歳代後半に統合失調症を発病して以来、障害年金と生活保護を受給しながら通院治療し、日中は地域活動支援センターへ通って生活している。センターでは内職の軽...

  • 野宿生活から脱した後の暮らしのサポート

    斉藤正さん(60歳代)は、母親を中学生のときに亡くし、中学卒業後は父親の家業を手伝っていたが、兄弟が他に4人いて極貧の生活だった。仕事がたくさんある大阪に、と斉藤さんが30歳になる頃に一家で大阪へ出て...

  • 拘置所を出所後、帰る家もなかった方への寄り添い支援

    大川晴男さん(50歳代)は、知的障がいの可能性があると思われるが、これまで福祉の相談はしたことがなかった。少し歳の離れた兄と一緒に暮らしていたが、兄が病気で急死した。大川さんはどうしてよいかわからず...

  • 突然失職した外国籍労働者の帰国支援

    カンデルさん(30歳代)は、コックとして来日以来、インド料理店で真面目に働いていた。最初の3ヶ月はほとんど休みもなく働き続けたが給料は支払われず、やっと月9万円の給料を得られるようになった。その後は...

地域貢献エピソードトップ